チャットレディで稼げた話

稼げた話

筆者はチャットレディを経験した事があります。
パソコンからまずは登録をしまして。身分を締めさせないとなりません。
いろいろと口コミを見た上で登録しましたので、安心してライブチャットサイトに身分証を教えました。

そしてライブチャットサイトを登録して翌日からいろいろな男性と会話をさせてもらいました。
最初は顔を見せて話をするのは少し抵抗がございましたので、メールとか声だけで男性と話すことにしたのです。
1時間とかあっという間に過ぎていました。

ストレスも解消できるこんなんでお金を稼げるなんて女性としてありがたい事だと感じましたね!
私はそのまま数か月チャットレディをやっていてだいたい40万ぐらい稼げていました。
だけど就職活動もしていてようやく社会人の始まりで辞めてしまいました、もし結婚して旦那にバレないのであればまたやりたいと思っています。

その頃までチャットレディがあるといいんですけどね。
人気があればもっとやりやすくなっているかもしれませんが・・・。

チャットレディの本業は?

チャットレディを副業でしているという女性は非常にたくさんいます。
ではチャットレディの本業とは何でしょうか?
まず一番多いのはOLや派遣社員です。定時で上がる事が出来るものの給料は手取りで16万円前後という女性が多くその給料だけでは欲しいモノが買えません。
そこで平日の夜や休日の都合のいい時間にチャットレディで効率よく稼ぐわけです。
そして稼いだお金で海外旅行やブランド品を買う、独身生活を満喫しているというわけです。

他にはフリーターもチャットレディをしている女性は少なくないでしょう。
なぜかというと時給換算すると高いですし、何より自宅にいながら好きな時に働けるため不規則な生活をしたい人にとって都合がいいのです。
ただフリーターの場合はあまりやる気がない子が多いので、接客サービスなど期待はあまり出来ないかもしれません。

そして平日の昼間に利用すると多いのは人妻です。
えっ、人妻がチャットレディなんてしているの?と驚く人もいるかもしれません。
しかし人妻とライブチャットしたいと思っている男性の需要は結構多いのです。
AVでも人妻のジャンルは人気ジャンルの1つですし、普段話す機会がないからこそ興味があるのでしょう。

若い女の子と話したいと思ったら相手は女子大生というケースが多いでしょう。
女子大生もアルバイト感覚でチャットレディをしています。
最近は風俗で働く女子大生も増えているといってもやはり風俗には抵抗がある女性も少なくありません。
しかしチャットレディならネットという距離があるので変な事をされる心配が内という安心感があるのでしょう。

ライブチャットの料金について

ライブチャットは料金が発生するサイトです。
初回は○分無料というサイトもありますが、基本的には1分で200円~300円前後が相場となっています。
そしてその料金を男性が支払い、女性とサイト運営側で配分されるという仕組みになっています。
つまり女性の方も歩合制なのです。頑張れば頑張るほど稼ぐ事が出来るというわけです。

キャバクラと異なりライブチャットでは好みの女性を選んでも指名料は発生しません。
1分あたりの料金なので、自分がいくら支払うのか時間で簡単に計算されるので明朗会計だと言えるでしょう。
ポイント制のサイトになっているところが多く、先にポイントを購入し、ポイントがなくなると終了になるためポイントがなくなる前にまたポイントを購入します。
つまり料金は前払い制だと言えるでしょう。

料金の支払い方法はいくつかの方法の中から自分で選べるようになっています。
クレジットカード払い、銀行振り込み、電子マネー、コンビニ決済などです。
クレジットカードの引き落としなら手数料もかかりませんし、振込などの手間もかかりません。
ただクレジットの番号を教える事に抵抗があるという人もいるかもしれません。
クレジットカードも個人情報ですから安易に教えずに信用出来るサイトかどうかサイト選びは慎重に行いましょう。

もっともライブチャットの場合は最初からチャットレディはお金のために働いていると分かった上でおしゃべりを楽しむわけです。
している行為はあまりサクラと変わらないように見えますが、女の子と会話をする事に価値があるわけですから問題はありません。
そうゆう意味で悪質サイトはないと言えるでしょう。

日本人はライブチャットが苦手

日本人はライブチャットが苦手と書くと何で?お金を払ってライブチャットをしている人がたくさんいるのに?と疑問を持つでしょう。
確かに多くの男性はお金を払ってライブチャットのサイトを利用しています。
しかし顔出ししているのは女性だけで男性は顔出しせずに文字テキストでチャットをしているのです。
女性が顔を出すのはライブチャットですし、それが仕事ですから当然ですが、問題はなぜ男性が顔を出さないのかという点です。
もちろんWEBカメラがない、マイクの使い方が分からないなんて技術的な問題ではありません。

むしろ顔を出す事に抵抗があるという心理的な要因です。
しかし実はこれがライブチャットではマイナスの要因として働いているかもしれません。
日本以外の国でもライブチャットというサービスは存在します。
しかし女の子だけ顔出しさせて自分は顔を出さないなんて男性はいません。
お互いに顔出しをしてマイクを使って音声で話すからこそライブチャットの楽しさがあるわけです。

それを自分は見られたくないからと相手の顔だけ見て相手の会話に対して文字で返信する。
これはとても他の国から見れば奇妙な姿に見えるでしょう。
どうしたって距離が縮まりませんし、そんな態度で相手の男性に好感を持つなんて不可能ですよね。
そもそも顔も声も分からない相手だとなかなかハンドネームだけでは覚えられないのが正直なところでしょう、
そのためあなたは何度も同じチャットレディを指名し親しくなったつもりでも相手はまだあなたの事を覚えていないなんて事もあるでしょう。
ライブチャットは顔を出した方が自然ですし楽しめるはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ